つれづれ日記

日々のつれづれな事を書いていこうと思います。

いちご

https://www.instagram.com/p/BvY68DjlQDn/

いちごの花が咲きました。ブログ更新→https://gainasan33.hateblo.jp/#いちご #園芸 #家庭菜園

 

イチゴを育てています。

うちのイチゴの花が咲きました。

 

私は、結構いろんなものを育てていますが

すっごく適当です。

なので、丁寧に育てている方がみたら

なってないなぁ!とお叱りを受けると思いますが

初めての方が見ると、敷居は低いと思うので

ちょっとやってみたいけど、むずかしいかもと思っている方は

私をみて、やってみようと思えるかもしれません(笑)

 

ということで、わたしなりの育て方。 

 

イチゴをプランターや鉢で育てるときは

 

↓イチゴポット

 

 

 ↓ハーベリーポット

 

 

↓ ハンギングポット

 

 

 など、イチゴができたときに

地面につかないような

高さのあるものを選んだ方がイイです。

 

うちは、ハンギングポットにいれて

フェンスへぶら下げて育てています。

 

さて、植える過程で注意するのが

イチゴの苗の向きです。

ランナー(いちごの苗が増える茎)を

鉢の淵の反対に向けることです。

いちごが生るのは、ランナーの反対側になるので

そう植えることで、土につかず

鉢からぶら下がった状態でイチゴが生ります。

ランナーがわからない方は、買ってきた苗を

じーっとみてください。

プチっと切れてる茎があると思います。

それが、たぶんランナーです。

もしかしたら、葉をちぎられたりした茎かもしれませんが。。

まぁ、まず大丈夫かと(笑)

 

植える向きだけ注意したら、あとは

プランターに少しずつ野菜用の土を入れて

苗の根元が、プランターの淵の高さになるように

調節して植えるだけです。

このとき、苗の根元を見るとギザギザしてます。

ギザギザした緑の部分(少し赤っぽかったりする)が

土に埋まってしまわないようにするのがいいです。

 

植え方だけ書いてみましたが

きちんと育て方を書いてらっしゃる

サイトのほうがわかりやすいと思う(笑)

 

ただ、植えてしまったあとは

私流ですが・・・

冬の間は、伸びたランナーをカットするのと

春夏秋冬、土が乾けば水をあげる。

たまに、枯れた葉を摘み取る。

 

この二つをやってれば、大体育つし実もなります。

 

肥料は、「あたらしく苗を植えるとき」

「花が咲いたら」「収穫時期が終わったら」

この3回で大丈夫です。

 

苗を毎年買うなら、子株を育てる必要もないけど

自分家でやるなら、ランナーから育てることになるので

ググってください(笑)

 

ちなみに、うちの実家には露地に植えっぱなしの

イチゴがあります。

親株も子株も、ほったらかしなのですが

勝手に増えて、勝手に育ち 実をつけてくれます。

増えすぎて、毎年 雑草なみに引いてサヨナラするのですが

また同じくらい増えてます。

ほったらかしなので、実は少なめですけど^^;

 

案外簡単に育ったりする丈夫なイチゴさんです。

手軽にはじめられると思います。

手をかければ、ひとつの苗でも

多く収穫できると思うので、温かく見守って

育ててほしいですね~。

 

うちの適当、いちご育成記でした!

では、また^^

 

 

応援クリックお願いしますハート

 


人気ブログランキング

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 自己満足へ
にほんブログ村

 

 

 

LINEスタンプ新販売中です。

よかったら覗いていってくださいね。

 

f:id:gainamonja3:20190315230127p:plain

gainamonja LINE stickers | LINE STORE